みなさんがギターを売る理由はどのようなものでしょうか。売ったあとに後悔する人にはそれなりの理由があります。ここでは、みなさんがギターを売る理由や後悔する原因についてお伝えします。

ギターを売る5つの理由

 

ギターを売る5つの理由

ギターを売る理由は大きく分けて5つ考えられます。それぞれの理由を見てみましょう。

理由1.ローンの支払いができないからギターを売る

せっかくローンを組んで買ったギターなのに支払いが滞ってギターを売る人は少なくありません。お金がないから手元にあるものを売るのは自然な考えです。

 

ローンを組んだギターを売ることで一時的に支払いがしのげます。でも、根本的にお金が足りない状況なので収支の状況を見直したほうがいいかもしれません。ギターを売るだけでなく無駄遣いをしていないかなどを確認しましょう。

 

ちなみに、ローンを組まれているギターを売るのは厳密には犯罪になってしまうこともあります。詳しくは『ローン支払い中のギターの買取はできる?ローンのギターを売る注意点』のページで紹介するのでご覧ください。

理由2.新しいギターが欲しいから今のギターを売る

支払いに困っていなくてもギターを売る人はいます。たとえば新しいギターが欲しくて今のギターを売るといった例です。

 

ローンを組んでいるギターを売るのと違い、手元のお金に余裕があってかつギターを売る理由が明確なので売るのは問題ないでしょう。思い入れのあるギターの場合は別ですが売ったあとに後悔することもないはずです。

 

新しいギターを買うために今のギターを売る人は、まだまだ音楽を楽しみたい人だと思います。ぜひ新しいギターを買うための足しにしてください。

\10,000人が選んだ買取専門店/

60秒の無料査定でギター買取を依頼する

業界最高値の高価買取!

理由3.ギターを弾く機会がなくなったから売る

モチベーションが続かなくてギターを売りたい人もいます。ギターを弾いたら思ったよりも難しかったり期待していたよりもモテなかったりして、ギターをやめたいという例です。

 

ギターをやめたいと思う人は、心のどこかでは練習して上達したいと考えている人が少なくありません。基礎練習に飽きただけだったり今のバンドに疲れていたりするだけで、本当は音楽が好きな人も多いです。

 

モチベーションが上がらなくてギターをやめたいと思う人に向けて記事を書きました。もし飽きてしまったという人はギターを売る前に一度ご覧ください。

理由4.ギターが壊れたから売る

壊れたギターを売る人もいます。

 

ライブで使っていてひどい傷がついてしまったり音が鳴らなくなったりしたギターをお持ちの人も少なくありません。傷はヴィンテージギター的な味になると考える人もいますが、不格好な見た目だと思われることもあります。

 

また壊れたギターは修理して使い直すこともできます。ただし、ネック折れしたギターだと修理費用が高額で新しくギターを買ったほうが早いことも珍しくありません。

 

ちょっとした傷なら自分でギターを修理することもできます。修理したほうがギターを売るときの買取価格は上がるほか、自分で使うときも傷がないほうがよいと思う人も多いです。ギターの傷を修理する方法は別のページで紹介しているので参考にしてください。

理由5.引越しその他でギターを処分するから売る

引越しや就職、結婚などの節目の機会でギターを処分する人もいます。人生の中で辞めることを決めるのはとても大切です。

 

たとえば、引越しのときにギターを持っていくのは大変です。引越し業者さんの場合、楽器の運搬を受け付けていなかったり特別プランでないと引き受けてくれなかったりすることがあります。宅配便や郵便局でもギターをきちんと梱包して配送をお願いしなければなりません。

 

ギターを売っていいか迷っていて新しい環境へ持っていくのが面倒ならギターを売るのも正しい選択です。新しい環境へ向かうときの費用の足しにするとよいでしょう。

\10,000人が選んだ買取専門店/

60秒の無料査定でギター買取を依頼する

面倒な買取手続きはありません!

ギターを売ることで後悔した人の理由

ギターを売るときに後悔した人の理由を聞きました。思い出があるから、いま売るべきだった、オークションで揉めたといった声が見受けられます。

思い出のあるギターは売ると後悔する

思い出のあるギターは売って後悔したと感じる人が多いです。

 

たとえば、初心者のときに買ったギターや学生時代に弾いていたギター、見た目が好きだったギターなどが挙げられます。購入価格が安かったり高値で売ったりしても後悔する理由になるようです。

 

特に、初心者セットなどで買ったギターはライブやレコーディングでの演奏には向いていません。音色も弾き心地も悪くて実用性がないからです。それでも売って後悔したと答える人が多く居ます。

 

思い出はプライスレスなのでお金では買えません。もし自分の思い出に残るギターを売るときは慎重に考えましょう。

円高のときにヴィンテージギターを売って後悔した

円高のときにヴィンテージギターを売って後悔したと答える人もいました。日本が輸入有利の時代で海外でもバブルが起きておらず買取価格が安かったからです。

 

2019年現在、日本円は米ドルに対して円安傾向にあります。中国は驚異的なペースで経済成長しているため来日してさまざまなモノを買う時代です。日本国内にあるヴィンテージギターを高く売ることができるようになりました。

 

特に、1980年代頃の国産メーカーのギターはジャパンヴィンテージと呼ばれていて人気です。海外にも多くのジャパンヴィンテージのファンがいるため高く売れます。

 

たとえばヤマハやグレコ、トーカイなどの古いギターをお持ちの方が後悔したと話していました。ヤマハのSG1000は今売ると定価以上ですが、ジャパンヴィンテージが流行する少し前に売ってしまったため新品価格の半値以下になってしまったという事例もあります。

 

ジャパンヴィンテージのギターを売るなら今がお得です。ヴィンテージギターを高価買取してくれる楽器買取店に無料で見積もりを依頼しましょう。

 

\ヴィンテージギターも高価買取/

60秒の無料査定でギター買取を依頼する

参考ページ:ヤマハのギター買取価格は?FG・FSシリーズやSGの評価

オークションで揉めたからギターを売って後悔した

ヤフオク(Yahoo!オークション)のようなオークションにギターを出品して個人間取引で売るときに後悔した人もいました。

 

ヤフオクは楽器屋さんやリサイクルショップを通さないのでギターを高く売ることができます。ただし、個人でやり取りをするため自分と相手の考え方に違いがあってトラブルになることも少なくありません。

 

よくあるトラブルはギターの状態や代金・送料の振込のトラブルです。美品と書いたために傷や汚れにクレームがついたり配送中にギターが壊れたりします。

 

また、オークションでギターを売るときに思ったよりも送料が高く、ダンボールで梱包するのが面倒だからと後悔した人もいました。ギターの梱包や送料について詳しく紹介しているのでギターを売る前にご覧ください。

ギターを売ることで後悔しなかった人の理由

ギターを売るときに後悔しなかったと答える人もいました。価格が安かったり自分に合わなかったりといった理由が挙げられます。

価格が安いギターだから後悔しなかった

価格が安いギターだから売るときに後悔しなかった人もいました。

 

たとえばフェルナンデスやバーニーの安いギターだったりハードオフで買った中古のギターだったりすると、ギターを売るときに後悔しない人が多いです。音や弾き心地が悪かったり誰かがすでに使用していたりと、思い出に残りにくいのかもしれません。

 

自分ではもう弾かない中古のギターでも意外と高い値段が付きます。特に、高価買取を打ち出す楽器専門の買取店なら高価買取の可能性が高いです。

 

ちなみに、買取価格の安いギターだとゴミにして処分しようと考える人が少なくありません。粗大ゴミで捨てるのは手間かつお金を取られることもあります。処分するよりもギターを売るほうが楽でお得なので楽器買取店に無料見積もりを依頼しましょう。

関連ページ:ギターの処分は粗大ゴミにすると有料!無料で処分する方法と寄付・買取のすすめ

社会人になってから買ったギターは後悔しない

フェンダーのギターを売る

社会人になってから買ったギターは購入価格が高くても売って後悔しないという人が多いです。たとえばフェンダーやギブソンの高価なギターでも触る時間がなくて思い入れもないから売るのをためらわなかったという人もいます。

 

社会人になると経済力が上がるのでギターの価格も相対的に下がると感じることも少なくありません。購入価格は安くても学生時代に購入したエピフォンやスクワイヤーのほうが弾き込んでいて思い出がある人もいます。

 

フェンダーやギブソンは人気ブランドなので高価買取の可能性も高いです。ギターの買取価格相場を見ても取引価格自体が高いので迷わず売ることをおすすめします。

\買取価格20%アップ/

60秒の無料査定でギター買取を依頼する

自分に合わないギターは後悔しない

自分にまったく合わないギターだから売るのは後悔しなかったという人もいます。

 

たとえば自分の欲しい音色とまるで違ったり弾き心地が悪くて実用的でなかったりと、ギターのキャラクターが自分に合わないというのが理由です。また、見た目的に自分の体格と合わないギターだから後悔しなかったという人もいました。

 

よいギターなら高価買取が期待できます。特に、フェンダーやギブソンなどの人気ブランドのギターは高価買取の可能性が高いです。

 

買取価格をアップする特別キャンペーンをやっている楽器買取店も少なくありません。期間限定でフェンダー・ギブソンの買取価格20%アップキャンペーンをしているお店もあるのでぜひご覧ください。

\買取価格20%アップ/

60秒の無料査定でギター買取を依頼する

ギターを売って後悔しないために考えるべきこと

ギターを売ったときに後悔する人とそうでない人がいます。ギターを売って後悔したと話す人は、そうでない人に比べて大事なギターや思い出のギターを売ったと答える人が多いです。

 

また、ギターはヴィンテージ的な価値が生まれやすいので、人気ブランドのギターを持っておくと将来的に値上がりする可能性もあります。未来のことはわかりませんが、高価なブランドでプロアーティストも使っていたような人気モデルは、数十年後に価値が出てくるかもしれません。別ページでは価格表をまとめているのでギターの買取相場がいくらかを見ながら、ご自身のギターにプレミア価値がつくか予想するとよいでしょう。

 

なお、ギターの保管状態も重要です。傷がつかないようにきれいな状態で保管し、エレキギターならアンプにつなげて時々弾きましょう。また、ギターの弦は緩めてネックに負担がかからないようにします。ギターの状態を良好に保つ方法は別ページでまとめましたので参考にしてください。

後悔しないようにギターを売ろう

ギターは思い出も一緒に売ることです。実際にギターを売ってしまって後悔する人も少なくありません。

 

せっかく思い出に残るギターを売るならせめて高価買取してもらいたいと思うのは自然なことです。当サイトではギターを売るときのおすすめ業者を比較し、手間なく高価買取できる楽器買取店を探しました。大切なギターを手放す前にご一読ください。

\今すぐ高価買取店でギターを売る!/

60秒の無料査定でギター買取を依頼する