ガクヤ楽器買取ネットでは、シンバルも買取しています。ビンテージモデルなら高額で買い取ってもらえる可能性も大です。自分のシンバルの価値を知りたい方は、まず無料査定を依頼してみましょう。今なら期間限定買取キャンペーンも実施中です。

⇒シンバルを無料で査定してみる

シンバルの買取相場はどれくらいなのか、高価買取してもらうためにはどうすればいいのかなどをご紹介しましょう。

シンバルの買取相場は?

シンバルと一口に言っても、以下のようなさまざまな種類があります。

  • クラッシュシンバル
  • ハイハット
  • ライドシンバル
  • チャイナシンバル
  • スプラッシュシンバル

ガクヤ楽器買取ネットでは、もちろんどのタイプのシンバルも扱っています。

シンバルはもともとの値段がそこまで高いものではないため、数万円以上の査定額がつくことは滅多にありません。加えて、使っていくうちに消耗していくもののため、10分の1程度の金額が買取相場だと言われています。販売価格が10,000~20,000円程度ですので、買取金額の相場は1,000~2,000円程度でしょう。

ただし、ビンテージモデルや人気モデルとなれば話は別です。たとえば、

  • ZildjianのA.CUSTOM HI-HAT 14″
  • ZildjianのK.ZILDJIAN RIDE 20″

などは10,000円程度の買取額になることも。

さらに、

  • Zildjian のK.CONSTANTINOPLE MEDIUM THIN RIDE 20″
  • Zildjian のK.CONSTANTINOPLE HI-HAT 14″

などにいたっては、なんと15,000円以上の買取価格がつくこともあります。

もちろん状態にもよりますが、「シンバルだからどうせそんなに高くは売れないだろう」と思っている方も、一度試しに査定を依頼してみることをおすすめします。

シンバルの人気メーカー

人気のシンバルメーカーといえば

  • Zildjian
  • SABIAN
  • Paiste
  • istanbul

があります。

Zildjian

Zildjianといえば、ドラムをやっている人なら知らない人はいないであろう有名メーカー。AシリーズとKシリーズの2種類があります。KシリーズのZildjianは、ジャズなどによく使われる渋めの音が特徴。AシリーズのZildjianは、あらゆるシーンに対応する万能タイプです。

Zildjianの歴史は非常に古く、なんと約400年も前の1623年にさかのぼります。400年以上という長い歴史の中でさまざまに形を変えつつ、現代も多くの人から愛されるシンバルメーカーとして使われ続けているのです。

古い歴史がある分、ビンテージモデルなども多く、たとえば60年代製造のシンバルであれば、10,000円以上の高価買取になる可能性も十分高いでしょう。ものによっても買取金額にかなりの差が出るため、まずは無料査定してもらうのがおすすめです。

SABIAN

Zildjianと同じく、シンバルメーカーの中で高い人気を誇るSABIAN。1981年に誕生した、カナダのシンバルメーカーです。SABIANは、Zildjian社のトップである息子が設立したという経緯を持ち、この両社は現在、競合のシンバルメーカーとして1位2位を争う関係にあります。

SABIANの人気のシリーズは、2002シリーズ、ハンドハンマードシリーズなど。多くの人たちに愛されるメーカーであることから、高額買取も十分期待できるでしょう。

Paiste

スイスにある人気のシンバルメーカー。音の存在感があるのが特徴です。ジョン・ボーナムやジェフ・ポーカロといった世界的に有名なドラマーも愛用しており、その人気に火が付きました。

istanbul

1901年に創業したロシアのシンバルメーカー。個性あふれるサウンドが特徴で、ファンも多いです。40,000円以上するような高価なシンバルも多々あり、高額買取も期待できるでしょう。人気のシリーズは、2002シリーズ、Signatureシリーズなどです。

その他、ガクヤ楽器買取ネットでは

  • Amedia
  • MASTERWORK
  • UFiP

といったメーカーも扱っています。どんなメーカーでも査定は可能ですので、ここに載っていないものでもぜひ無料査定を依頼してみましょう。

高価買取のポイント

シンバルを少しでも高く買い取ってもらうためにはどうすればいいのでしょうか。高価買取のポイントをご紹介します。

日ごろのメンテナンスを徹底

シンバルを演奏する際は手を使って止めることも多いですが、この触った部分を放置すると、サビの原因になってしまいます。演奏上影響が出るのはもちろん、買取査定時にもマイナス評価になりますので、できれば演奏後はしまう前に拭き取る癖をつけましょう。これにより査定アップも期待できます。

クリーニングする

もちろん、買取前にきちんと掃除するだけでも違います。シンバル専用のクリーナー(シンバルポリッシュ)を使うと、新品のような美しい状態にまで戻すことも可能です。ポリッシュ剤できれいに磨いたら水洗いをし、乾いたクロスで水気を拭き取る、という方法が楽器店でも取り入れられています(ポリッシュや水気が残ったままだと、かえって劣化の原因になるので要注意)。汚れが目立つ場合はぜひ試してみましょう。

付属品を一緒に売る

ガクヤ楽器買取ネットでは、スタンドも合わせて買取可能です。一緒に出すことでより高く売れることもあるので、捨てずにとっておきましょう。さらに、買ったときのケースがある場合は、これも一緒に出すと、さらなる高価買取が期待できます。

こんなシンバルは買取可能?

シンバルは思い切り叩いて演奏する楽器なので、どうしても買った時と同じ状態を保つのは難しいものです。ヒビや傷が入ってしまうこともあるでしょう。

当然ながら、こうしたヒビが入ったものや割れてしまったものは、高い買取額がつきにくいです。場合によっては買取不可となってしまうかもしれません。ただ、必ず売れないわけではないので、試しに査定に出してみる価値はありです。ガクヤ楽器買取ネットは、傷あり商品なども取り扱っていますので、諦める前に一度無料査定を依頼してみましょう。

ガクヤ楽器買取ネットでシンバルを売った人の口コミ

実際にガクヤ楽器買取ネットを利用してシンバルを売った人の口コミをご紹介します。

〇T.Yさん(25歳 男性)
新しいシンバルを買ったので、古い方を売ろうかなと思っていました。ただ、ずっと使っていたのでちょっと傷が入ってしまっていて、いろいろなお店で聞いてみても買取できないというところがほとんどでした。しかし、ガクヤ楽器買取ネットさんで査定をお願いしたところ、買い取ってくれるということに。もう捨てるしかないのかなと諦めていたので、とても助かりました。またシンバルなどを売るときはこちらにお願いしようかなと思います。

ガクヤ楽器買取ネットでは、長く使って傷がついてしまったシンバルなどの買取も対応しています。もう使わなくなったシンバル、物置の奥にしまいこんだシンバルなどにも、思わぬ査定額がつくこともあるので、まずは一度無料査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

⇒シンバルを無料で査定してみる