モーリス(モリダイラ楽器)は長野県松本市にあるギターのブランドです。70年代のフォークブームには年間30万以上のアコースティックギターを製造していました。国内および海外でもその名を知られるモーリスのギターの買取価格相場をご紹介します。

モーリスのギターの買取価格表

モーリスのギター 買取価格の相場
F-51 13,000円
FH-1 9,000円
TF-100 20,000円
M-80 LTD 14,000円
M-51 12,000円
M-101Ⅱ 36,000円
S-101M 50,000円
S-131M 90,000円


高額買取が期待できるモーリスのギターは?

初心者でも気軽に購入できるアコースティックギターのモーリスですが高額買取が見込めるギターもあります。買取市場で人気のギターをご紹介します。

S-131M…90,000円

著書『ソロギターのしらべ』などで知られるソロギター奏者の南澤大介氏のシグネチャーモデルです。マスタールシアーである森中巧氏が製造に携わっており、受注生産品となっています。

 

ギターのサイドとバックはインディアンローズウッド材、トップはシトカスプルース材を採用。バランスの取れたサウンドや音量で、フィンガーピッキングでソロギターを演奏したい人に人気です。ギターの作りのよさや受注生産であることから買取価格が期待できます。

S-101M…50,000円

南澤大介氏のシグネチャーモデルであるS-131Mをもとに開発したモーリスのハンドメイドモデルです。基本的な設計はS-131Mと変わらないハイスペックなギターですが、よりコストパフォーマンスに優れたモデルを目指しました。

 

買取市場における希少性や細かい製造技術の点もあり、S-131Mに比べると買取価格は下がります。でも、モーリスのギターの中では高額買取が期待できるギターです。

M-101Ⅱ…35,000円

ハンドメイド・プレミアムシリーズの上級機種として登場したモデルです。ドレッドノートのアコースティックギターをモーリスの解釈で製造しました。トップ材はシトカスプルース、サイドとバックの木材はローズウッドを採用しています。

 

すべて単板で作り上げられた国産のエレアコハンドメイドギターで、そのパフォーマンスの高さから買取市場での人気は高いです。すでに生産完了品となっていますが、フィンガーピッキング奏者の間では購入希望者も少なくありません。

TF-100…20,000円

モーリスの上位グレードであるTFシリーズのギターです。ハカランダ合板のサイドとバックを採用しています。トップ板やヘッド部分のアヴァロンレイが美しく、見た目のファンも少なくありません。。

 

高音の倍音がよく響くため美しいコードを奏でたいギタリストから愛されています。生産完了していますがグレードの高い人気モデルです。

M-80 LTD…14,000円

2011年、モーリスが国産アコースティックギターの品質を楽しんでもらうために製造したハンドメイドギターです。トップはシトカスプルース単板、サイド・バック材はマホガニー単板を採用しています。

 

元々が低コストでの生産を目的に作られたギターなので買取価格自体は高くありません。ただし、限定48本しか生産されておらず、中古市場での希少価値は高く、新品販売価格から見た買取価格は高いです。

モーリスのギターのグレード

モーリスのギターは3つのグレードに分かれています。ラインナップ別の特徴を見てみましょう。

パフォーマーズ・エディション

モーリスのエントリーモデル的な位置づけのグレードです。海外工場で生産されているため販売価格も初心者が購入しやすい価格帯になっています。

 

サウンドや弾きやすさは中級者以降の演奏にも十分です。また、アンプラグドな環境での演奏にも耐えうる音質や音量が出るためライブにチャレンジしたい人にも申し分ありません。とにかくアコースティックギターを弾いてみたい人におすすめです。

ハンドメイド・プレミアム

長野県松本市にあるモーリスの向上で生産されるグレードの高いギターです。国内工場で製造するメイドインジャパンのフラッグシップモデルと言われています。

 

ハンドメイド・プレミアムは、モーリスの国内工場に在籍するおよそ10名の職人が製造に取り組むグレードのギターです。現在は月間50~60台を生産しています。

 

ハンドメイド・プレミアムは中級者から上級者までのギタリストからの支持が厚いモデルです。各工程のスペシャリストの技術の結晶なので、他ブランドのアコースティックギターが好きな人も満足できる思います。

ルシアーメイド・プレミアム

モーリスのマスタールシアー(弦楽器制作家)である森中巧氏がすべての工程に携わるモーリス最高グレードのギターです。すべての工程に森中氏が携わり、工場とは別ラインの部署のスタッフがハンドメイド・プレミアムと区別してギターを作っています。

 

ルシアーメイド・プレミアムは年間わずか24~30本しか作られません。わずかな生産数の中で新しいギターの工法や構造を日々研究しており、サンプルとなるギター開発に取り組んでいることも特徴です。

 

また、他にもお持ちのギターがあるならギター買取価格の相場のページをご覧ください。高額買取を期待できるギターを価格表の形式でご紹介します。