サウンドや弾きやすさを向上させるためにギターを改造する人も多いです。自分で使っている限りは便利ですが買取するときに価格が落ちることも少なくありません。ここでは、改造したギターの買取を高額にするコツをご紹介します。

改造ギターの買取価格が安くなる理由

改造したギターの買取価格が下がる理由は、次の買い手を見つけるのが難しくなるからです。多くの人は新品に近い状態のギターを探しています。

 

たとえば、テレキャスターのピックアップを重厚なサウンドにするために、シングルコイルからハムバッカーのピックアップに乗せ換えたとしましょう。次に購入する人は普通のテレキャスターを探している可能性が高く、ハムバッカーのテレキャスターは需要が少ないです。

 

このように、中古ギターの販売需要を考えると改造ギターの買取価格は下がります。

改造したギターの高額買取を狙う方法

一般的に買取価格が安くなる改造ギターですが、高額買取を狙う方法はあります。以下のポイントを見てみましょう。

改造したパーツは純正品に戻す

改造したパーツはできる限り純正品に戻しましょう。パーツ別にご紹介します。

ピックアップの改造

ピックアップを乗せ換えした場合、純正品のピックアップに戻しましょう。もしザグリ工事をした場合は壊したり美観を崩したりする恐れがあるため、ピックアップを純正品に乗せ直さないほうが無難です。

ブリッジの改造

ブリッジを改造した場合も純正品のブリッジに戻すことをおすすめします。たとえば、フェンダージャズマスターのブリッジは弦落ちしやすく、ムスタング用やレスポール用のチューン・O・マチックに変更している人もいます。弾きやすさはアップしますが、純正品のイモネジからはサウンドが変わるため気になる人もいるのです。

ペグの改造

改造したペグも純正品に戻しましょう。GOTOのチタン製ペグに変える人も見受けられますがサウンドは変化します。純正品の状態に戻しておいたほうが無難です。

内部配線の改造

純正品の配線に戻す必要はありません。見た目は改造したことがわかりにくいので、楽器屋さんなら事前に伝えることをおすすめします。詳細によっては査定額がアップする可能性も高いです。

純正品もセットで買取を依頼する

改造したギターの買取を依頼するときは見積もり時に純正品も用意してもらいましょう。

 

楽器屋さんからすると、改造したギターのパーツを純正品に戻したり純正品パーツを単体で販売したりと選択肢が増えます。特段の事情がない限りは一緒に買取を依頼するのがおすすめです。

改造した旨の証明書を用意する

素人が改造したギターは買取価格が下がると言われています。ギターのクラフトマンが改造しておらず、内部配線の取り付けが悪い、見栄えが悪いなどの理由で買取に難色を示されるからです。

 

楽器屋さんやクラフト工房で改造した旨の証明書があればそちらを用意しましょう。改造の内容もわかりやすいのでおすすめです。

改造したギターを高額買取できるお店

改造ギターの高額買取を得意とする楽器屋さんもあります。なぜ改造したギターの高額買取ができるのでしょうか。

改造の価値を理解するお客さんが多い

ギターの改造は弾きやすさやサウンドの向上が目的なので、実際に演奏するギタリストからすると便利になることも多いです。価値のわかるお客さん相手に売る楽器屋さんなら、改造ギターは高額買取されやすいと言えます。

修理・改造ができる楽器屋さん

改造ギターを買取してそのまま販売するお店では、見た目や中身が特殊なギターを純正品に改造しなおすことはできません。でも、修理や改造ができる楽器屋さんなら改造したパーツを純正品に戻して販売できます。選択肢が広がるためギターを高額買取する余裕があるのです。