壊れたジャンク品や傷ありのギターを買取できるか不安に思う方も多いです。この記事では、状態の悪いギターの買取可否やできる限り高値を付けてもらうポイントをご紹介します。

リサイクルショップ・質屋さんは壊れたギターの買取が難しい

リサイクルショップや質屋さんでは、壊れたギターは買取不可またはジャンク品扱いで買取することが多いです。

壊れたギターやネック折れの修理・再販売が不可

リサイクルショップや質屋さんは、ギターや楽器に限らずさまざまなモノを買取できることがメリットです。でも、言い換えると楽器に詳しい専門スタッフがおらず、ギターを修理して再販売できません。壊れたギターはそのままの状態で、ジャンク品として販売します。

 

ネック折れしたギターの場合、楽器屋さんならフェンダーのギターは買取できる可能性が高いです。フェンダーはネック交換を前提にしたギターを開発しているため、ネック単体で販売しています。

 

一方、ギブソンはレスポールのようにネックとセットになっているギターが多いので、もしネック折れしてしまうとギターの価値が大きく下がります。たいていの場合はギターとして弾くことができません。ジャンク品扱いされる可能性が高いことを理解しておきましょう。

弦なしでも価格が下がるギターの買取規定

一部のリサイクルショップでは、壊れていないのに弦がないだけでジャンク品扱いされることもあります。弦なしのギターではペグがきちんと作動するか、ピックアップは壊れていないかを確認することができません。あるいは内部配線が断線していても気づかないことも考えられます。

 

ジャンクギターの買取は厳しい規定を設ける買取業者も少なくありません。たとえば、リサイクルショップのハードオフはギターの買取規定が厳しく、壊れたギターを売るのは難しいと覚えておきましょう。弦なしギターの買取だと価格が下がったり買取自体が難しくなったりする理由は別ページでも詳しくご紹介します。

壊れたギターでも楽器屋さんなら買取される理由

壊れたギターは、リサイクルショップや質屋さんではジャンク品扱いされるためほぼ値段がつきません。でも、楽器屋さんなら一定の価格で買取できる可能性が高いです。

買取したギターを自社で修理して販売

自社でギターを修理できる楽器屋さんは、ギターを買取したら修理して再度販売することが可能です。たとえば配線が切れていたらはんだ付け、ピックアップの不良なら別のピックアップを乗せ換えて店頭に出せます。

 

多くのリサイクルショップでは自社でギターを修理することができません。ギターが壊れているものと考えて買取を行いジャンク品という名目で再度販売することが多いです。ジャンク品なので販売価格も安くなることからギターの買取価格を安くせざるを得ないのです。

壊れたギターのパーツをリサイクル

ギターは多くのパーツに分解できます。壊れたギターからきれいなパーツだけを回収し、別のギターに乗せ換えたり個別のパーツとして販売したりと、リサイクルできるパーツは少なくありません。ギターの付属品のみ買取できるケースも多いです。

壊れたギターのパーツ一覧

リサイクルショップと比較すると、楽器屋さんはペグやピックアップなどの個別パーツに対する需要が多いです。以下がギターで分解できて、次のお客さんが見つかったり他のギターの修理に使えたりするパーツです。

  • ピックアップ
  • ピックアップカバー
  • ピックガード
  • 電気配線
  • フレット
  • ペグ
  • ブリッジ
  • トレモロアーム
  • ナット

古いギターのパーツの価値

古いギターは、現在は条約で使用を禁止されている配線やピックアップを搭載している場合があります。ヴィンテージパーツはよい音が出ることも多く、ギターのサウンドを追求したい人からは人気です。

 

壊れたギターはジャンク品扱いされるだろうと思っていても、意外と高値がつくことは少なくありません。

ゆかちゃんゆかちゃん

壊れたギターなんて絶対買取できないと思ってた!

ギター買取仙人ギター買取仙人

ギターは意外な需要がある。ヴィンテージパーツはギター改造時も人気で、ギター本体だけが買取市場で注目されているわけではないのじゃ

ゆかちゃんゆかちゃん

私が生まれるより前のギターやパーツだもんね…長生きしたギターってすごいんだなぁ…

ヴィンテージギターの高い骨董品価値

ヴィンテージギターは演奏できる状態である必要がありません。コレクターにとってヴィンテージギターは骨董的な価値があるからです。音が出ない状態でも見積もり査定に出してみましょう。

1960~80年代に製造されたヴィンテージギターは人気

フェンダー(Fender)やギブソン(Gibson)、リッケンバッカー(Rickenbacker)など、人気ブランドにヴィンテージギターが多いです。

 

当時のエレキギターは生産台数が少ないためコレクション的価値が高く、木材の質や職人の腕もこだわられています。有名アーティストが使用していたというブランド的価値もあり、自分の世代のスター的なギタリストが使用していたという人もいるかもしれません。

 

1950年代から80年代頃に発売されたギターの中には、音が鳴らなくても中古ギター市場では需要があることを覚えておきましょう。

1970~80年代に製造されたジャパンヴィンテージギターも人気

ヴィンテージ価値の高いギターの中にはジャパンヴィンテージもあります。1970~80年代に製造されたヤマハ(YAMAHA)のSGやアイバニーズ(Ibanez)のAR、グレコ(GRECO)のミラージュなどが、よく言われるジャパンヴィンテージギターです。

 

ジャパンヴィンテージのギターが高額になる理由は、当時の日本が好景気だったことが影響しています。高品質な木材を使って腕の良い職人がこだわりのギターを作っていた時代です。さらに、今では法律上禁止されているような部材を使うことも認められていました。

 

現在の工場生産品の品質も決して悪くありませんが、当時のジャパンヴィンテージにはかなわないという意見も少なくありません。また、当時の日本製ギターに憧れていた海外の富裕層がお金を出しても買いたいということが、ジャパンヴィンテージギターの買取価格を高額にしている理由です。

 

たとえば、1959年に製造されたギブソン・レスポールの買取価格相場は70万円、ジャパンヴィンテージではトーカイのLS-120が20万円を超えると言われています。詳しくはギターの買取価格相場のページにまとめました。

傷のあるギターは買取できる?

傷のあるギターは楽器屋さんで買取可能です。ただし、買取価格が安くなる可能性は否めません。傷だけでなく、塗装剥がれや打痕による凹みなども買取価格が下がる対象です。

傷のあるギターの買取価格は下がる?

美品状態のギターは新品購入価格の半値程度で買取されるのが相場です。しかし、ギターに傷が多いと買取価格がダウンします。

多少の傷があるギターの買取価格は美品の80%程度

派手な傷や打痕のないギターは、美品に対して80%(新品購入に対して4割)程度と考えられます。ギターは傷がつきやすい楽器です。特に、エレキギターを使ってライブをするギタリストの場合は傷や打痕がつくのは仕方ありません。

 

たとえば、イシバシ楽器では美品に対して普通という状態で判断します。他の楽器屋さんでも同様ですが、傷があるものの演奏状態に問題がないと考えられるギターの買取価格は高いです。また、見積もり査定の前にきれいに掃除しておけば美品買取してもらえるかもしれません。

傷が目立つギターの買取価格は最大40%ダウン

傷のあるギターは美品の買取価格より最大40%(新品購入に対して3割)程度安くなるのが相場です。たとえば、美品のギブソンレスポールは10万円で買取できるのに、傷があるという理由で6~7万円までダウンすることも珍しくありません。

 

また、楽器の価値を判断する目利きがいないリサイクルショップや質屋の場合、傷が目立つギターの買取価格を著しく引き下げることもあります。傷や打痕が目立つ状態のギターは演奏するという実用性価値しかないからです。客層的に価値がわかるお客様に出会える確率が低いからと考えると、傷や打痕の目立つギターの買取価格は下げざるをえません。

ギター買取仙人ギター買取仙人

ギターは友達。なるべく傷がつかないように大切に扱うのじゃよ

関連ページ:ギターを無料で処分する方法!ゴミの分別やハードオフの引き取り

楽器屋さんの傷の修理は費用がかかる

傷や塗装剥がれの修理は、専門の業者に依頼すれば直すことも可能です。ただし、修理代の費用が掛かり、ギターの買取価格を上回ることもあります。

 

とある楽器屋さんの修理金額を見てみましょう。

配線の修理 5,000円
ペグの交換 2,000円
フレットすり合わせ 10,000円
塗装(ボディ) 80,000円
塗装(ネック) 30,000円

楽器屋さんに無料見積もりを依頼し、査定額が期待より安い場合は原因を聞いてみましょう。もし、直せる範囲の傷や塗装剥がれが原因なら自分で修理しましょう。

ギターのちょい傷・塗装剥がれは修理できる?

ギターのちょい傷や塗装剥がれは自分で修理できるのでしょうか。ここでは、ギターの塗装剥がれのリペア方法をご紹介します。

ギターのネック部分の傷の補修

ギターのネック部分の傷の補修に用意するのは以下のアイテムです。

  • 瞬間接着剤
  • ヤスリ
  • コンパウンド
  • 耐水ペーパー

ギターの汚れを拭き取る

まずは、リペアする箇所をキレイに拭き取り、汚れを落とします。塗装が剥がれている箇所に瞬間接着剤を塗りましょう。

 

薄く塗ったらしばらく放置して乾かし、また薄く塗って乾かしてと何度か繰り返します。表面よりも少し盛り上がるくらいまで繰り返したらOKです。完全に乾くまで置いておきましょう。

ギターにヤスリをかける

次に、接着剤を塗った部分にヤスリをかけます。本体部分まで削ってしまわないよう、ゆっくり丁寧に削りましょう。表面が平らになればOKです。

耐水ペーパーでギターを磨く

その後は耐水ペーパーを使って磨きます。最初は粗目のものを使い、徐々に細かいタイプに変えていくとより効果的です。最後の仕上げにコンパウンドで磨けば完了。これで表面部分が平らになります。

ギターのボディ部分の傷・塗装剥がれの補修

ギターのボディ部分の傷や塗装剥がれの補修に用意するのは以下のアイテムです。

  • プラモ用の塗料(ギター本体に近い数色)
  • 耐水ペーパー
  • コンパウンド
  • ワックス

ギターに塗料を塗る

まずは、塗装が剥がれた箇所に塗料を塗ります。しばらく放置し、乾いたらクリアでコートしましょう。

耐水ペーパーでギターを磨く

塗って乾かしてを繰り返し、表面よりも少し盛り上がるくらいまで塗り込んだら、耐水ペーパーを使って磨いていきます。

ギターにワックスをかける

表面が平らになってきたら、コンパウンドを使って仕上げ、最後にワックスをかけましょう。これで完了です。

 

このように、塗装が剥がれてしまった場合も、自宅でリペアは可能です。ただし、材料費がかかる、キレイにやらないとかえって品質を損ねてしまうこともあるので、一度楽器屋さんで買取査定を依頼してから決めましょう。

ゆかちゃんゆかちゃん

ちょっと難しそうだけど頑張って自分でギターを直してみようかな…

傷を修理したらギター買取を依頼しよう

ギターの傷を直した状態で見積もりしたほうが高額買取が期待できます。ただし、傷の程度によっては買取価格に影響しないこともあります。ギターの傷が直ったらぜひ買取価格アップを目指してください。ギター買取のおすすめ業者3社は別ページでご紹介します。