どんなギターも型番があります。でも、説明書や保証書をなくしたために型番がわからない人もいるはず。ギター買取によくある不安のひとつですが、買取価格や後々のトラブルにも影響するため他の悩みとともに抑えておきたいポイントです。

 

この記事では、型番を確認する方法と、型番不明のままギターを売るときのトラブル事例をご紹介します。

型番がわからないギターは買取できる?

型番がわからないギターも買取可能です。ただし、リサイクルショップや質屋さんだと価値がわからず、買取価格が安くなることがあります。専門性のある楽器屋さんに見積もり査定を依頼しましょう。

そもそも型番とは?

ギターの型番は楽器を識別するための番号です。似たような英数字が並びますが1文字違うだけで別の商品を意味します。見積もり査定時は型番を間違えないようにしましょう。

ギターの型番と型番を確認する方法

自宅で楽器の見積もりを依頼するときは楽器屋さんに型番を伝えます。そもそもの型番の意味とギターのタイプによる型番を確認する方法を見てみましょう。

フェンダーのギターの型番

フェンダー(Fender)のギターの型番はヘッドの表部分に書いてあります。ロゴマークのすぐ横に数字が書いてあるはずです。

ギブソンのギターの型番

ギブソン(Gibson)のギターはヘッドのロッドカバー部分に書いてあるのが一般的です。ただし、ギターによって異なります。

型番不明のギターの型番を確認する方法

上記の方法ではギターの型番がわからない人もいるかもしれません。そんなときは楽器屋さんに確認してもらいましょう。

店頭にギターを持ち込み

楽器屋さんの店頭で型番を確認してもらいましょう。どんな楽器かを識別するプロがいるので型番がわかる確率は高いです。

メールでギターの写真を送る

メールでの問い合わせフォームのある楽器屋さんなら、ギターの写真を撮影して型番を確認してもらうのもよいでしょう。ヘッドの裏表やギターのボディの写真を送って質問してください。

オークションやメルカリで型番不明のギターを売るトラブル

Yahoo!オークションや楽天オークション、メルカリなどのフリマアプリで型番不明のギターを売るのは危険です。過去に起きているトラブルをご紹介します。

希望落札価格のトラブル

オークションやフリマアプリに出品するとき、間違った型番や型番不明のままだと、落札希望者が勘違いすることがあります。型番が1文字違うだけで金額が大きく変わることもあるため、型番は正確に確認してください。

買取依頼時に損をする

たとえば本来は高値が付くヴィンテージギターなのに、型番不明で価値がわからずに、リサイクルショップや質屋に売ることもあります。見積もり査定をする店員さんがギターに詳しいとは限りません。その結果、誰も本当の価値に気付かず高額買取のチャンスを逃すリスクもあるのです。