楽器屋さん等で初心者ギターリストが最初におすすめされるエフェクターといえばやっぱりマルチエフェクターです。
エフェクト機能が豊富に内蔵されているだけでなく、チューナーやリズムマシーンとしても使用でき、用途が広いです。
また、マルチエフェクターにはじめから実戦向きな音色がプリセットとして豊富に搭載されているので、音作りに不慣れな初心者も気軽にギターを楽しむことが出来ますよ。
今回は予算3万円前後のマルチエフェクターをランキング形式で10選ご紹介していきます。

そもそもマルチエフェクターとは?

マルチエフェクターとは、一台の機械に複数のエフェクター機能が搭載されたものをいいます。歪み系や空間系、揺らし系、ダイナミックス系やフィルター系など、多種多彩なエフェクト機能だけでなく、チューナーやリズムマシーン、ワウペダル(ギターを演奏しながら使うことで、ワウワウといったうねりのある音色に変化させるエフェクター)といった機能も備えたオールイン型のエフェクターです。
自分で各種エフェクト機能を操作して音作りができるのはもちろんのこと、予め機械に登録されている音色(「プリセット」という)が数十〜百数十種類備えられていますので、ギター初心者の方でも様々な音色を楽しむことができます。
さらにマルチエフェクターを使って自分で作り込んだ音色を新たなプリセットとして登録することができる機種も多く、非常に便利です。
どんなエフェクターの音色が好きなのか、各エフェクターがそれぞれのつまみを操作すると音色がどのように変化するのかなど、エフェクター全般の基礎知識を磨くのに適しています。

マルチエフェクターとコンパクトエフェクターの違いや共通点

マルチエフェクターの最大の売りは、プリセット。
自分で音色を作り込まなくても、プリセットの中から自分の好きな音色が見つかれば、すぐに気分良くギタープレイを楽しむこともできます。
一台でたくさんのエフェクト機能が備わっているので、経済的です。自分がどんなエフェクト機能の組み合わせが好きなのかを知るのにも大変重宝します。
一方、「音痩せ」と言われる「音がキンキンと聴こえる現象」が発生してしまうのがマルチエフェクターの弱点です。アンプのInput端子ではなくReturn端子に接続することで軽減することはできますが、マルチエフェクターの仕組み上、大なり小なり起こる現象なので気をつけてください。

コンパクトエフェクターの最大の魅力は音色の自由度です。様々なメーカーの多種多様なコンパクトエフェクターを繋ぎ合わせていくことで、自分だけの個性的な音色を追求していくことができます。
自分の好きなアーティストのエフェクトボードって、いろんなコンパクトエフェクターが繋がっていて、見た目もカッコいいですよね。
コンパクトエフェクターの欠点は、エフェクトボードと呼ばれるエフェクターを固定し運びやすくするボードを作らないと持ち運びで不便がある点です。
一台一台がその都度バラバラに置かれてしまうと、安定したステージパフォーマンスができない恐れがあります。一度に複数のエフェクターをon/offしないといけない場面も多々あり、慣れや練習が必要です。文化祭やライブなどで、足下がもたもたした演奏をしていたら、かっこ悪いですもんね。
さらに数種類のエフェクターを繋いでいくことが前提なので、お金がどうしてもかかってしまい不経済なのは否めません。

上記の点も踏まえながら、予算3万円前後のマルチエフェクターをおすすめランキング形式で10種類ご紹介していきます。初心者の方のエフェクター選びに役立ててもらえたら嬉しいです

おすすめのマルチエフェクター ランキング

1位:BOSS(ボス)GT-1

コンパクトエフェクター で有名なBOSSから、マルチエフェクター「BOSS GT-1」が出ています。BOSSのコンパクトエフェクターに搭載されている定番エフェクト機能のみならず、アコースティックギターシュミレーターやピックアップタイプの変更まで可能な本機種。さらに、フレーズループ機能も備えているので、バッキングやソロの演奏にも非常に活躍する一台です。エフェクト機能108種類、プリセット99種類、最長32秒ものフレーズを録音できるという圧巻のスペック。最初の一台として申し分ありません。
パソコンの専用ソフトウエア「BOSS TONE STUDIO」を使うことで、憧れの名曲の音色をダウンロードし、BOSS GT-1に取り入れることができます。
最人気機種でもありますので、中古販売されていることも多く、予算よりもお安く購入することも。私も中古販売で本機を購入いたしました。

チェックポイント
  • BOSSのコンパクトエフェクターに搭載されている定番エフェクト機能を本機でも使える
  • アコースティックシュミレーターやピックアップタイプの変更までできる点
  • 名曲の音色を専用ソフトでダウンロードし本機に導入することも可能

2位:ZOOM(ズーム)G1 FOUR

マルチエフェクターのエフェクト数の多さとコンパクトエフェクターのコンパクト感、さらに性能を維持したままお値段は下げることに成功したのが「ZOOM G1on」。ディストーションやコンプレッサー、リバーブ等の60種類以上ものエフェクト機能と13種のアンプモデルを搭載。さらに68種類ものリズムパターンも入っているので、個人練習にも最適な一台です。内蔵チューナー機能も豊富で、ドロップチューニング(半音下げたチューニングのこと)や7弦ギターのチューニング、オープンチューニング(開放弦で全弦を鳴らした時にコード音になるようなチューニング)も簡単にできるようになっています。ギター初心者にとって、チューニングが簡単にできるのは嬉しいことですよね。

チェックポイント
  • 重量340gとコンパクトなのに60種類以上ものエフェクト機能と13種のアンプモデルを搭載している点
  • 値段が安くコスパ最高!
  • 多彩なチューニングモードが搭載されており初心者でも安心できる点

3位:VOX StompLab IG

近年、ヘッドホンアンプやコンパクトアンプにも力を入れている老舗VOX。実績あるVOXもマルチエフェクターを販売しています。「VOX Stomp Lab IG」は価格を抑えながら、コンパクトさも備え、エフェクト機能も多数収録することに成功したマルチエフェクターです。103種類ものエフェクト機能(ペダルエフェクト8種類、アンプモデリング44種類、ドライブエフェクト18種類、キャビネットモデリング12種類、モジュレーションエフェクト9種類、ディレイ8種類、リバーブ3種類など)と自分で作成した音色が20種類まで登録し使うことができます。
最大の売りは、プログラムされた音色がジャンル別に分かれている点です。例えば、メタルに設定すると、その音色を再現できる音色がすぐ見つけられるようになっています。自分の使いたい音色がすぐに見つけられるのは初心者にとってありがい機能ですよね。

チェックポイント
  • 103種類ものエフェクト機能を搭載している点
  • プログラムされた音色がジャンル別に分かれている点
  • 信頼あるVOXブランドのマルチエフェクターが5,000円前後でコスパ最高!

4位:ZOOM(ズーム)G3n

75種類ものプリセットから最大7種類のエフェクト音色を組み合わせて使うことができる「ZOOM G3n」。さらにMacやWindows対応の無償のアプリケーション「Guitar Lab」を使うことで、有名ギターリストたちのエフェクトボードも再現することができます。自分の憧れのギターリストの音色が再現できるのは最高ですよね。デイストーションやエコライザー、リバーブなどの70種類のエフェクトも搭載されているので、自分の個性を出せる音色を作ることができます。また68種類ものリズムパターンと最長80秒のフレーズをレコーディングすることができるので、個人練習の際には強力な武器になること間違いなしです。もちろんクロマテッィクチューナーも装備しています。

チェックポイント
  • 75種類のプリセットと70種類のエフェクトが搭載
  • パソコンから専用のアプリで有名ギターリストのエフェクトボードの再現ができる
  • 68種類ものリズムパターンと最長80秒のフレーズレコーディング機能

5位:DIGITECH(デジテック)Element XP

49種類のアンプシュミレータやキャビネット、エフェクト機能を搭載しているのが「Element XP」。とにかくすぐ弾きたい初心者ギターリストに特にオススメできるマルチエフェクターです。プリセットが200音色あるので、音色作りが苦手な初心者の方にも扱いやすい設計になっています。また、AUX端子にミュージックプレイヤーを接続すれば外部音源を聞きながら演奏できるので個人練習にもってこいです。
本機最大のウリはDIGITECHならではのワーミーエフェクト。似たようなエフェクトは他社でもありますが本家はやっぱり違います。
これらの機能が10,000円前後で手に入るのは本当に驚きです。

チェックポイント
  • 49種類のアンプシュミレータやキャビネット、エフェクト機能
  • 即戦力のプリセットが200音色
  • 外部御音源を接続しての練習も可能

6位:ZOOM(ズーム)G5n

ZOOM社のマルチエフェクター 上位機種が「ZOOM G5n」。同時に使えるエフェクト数が9種類、フットスイッチも9つ完備しエフェクト機能のオンオフ切り替えが全ての使用エフェクトに対してできます。エクスプレッションペダルも完備しているため、演奏中の細やかなニュアンスの変更にも使うことができ、よりライブパフォーマンスが上がること間違いなし。80種類ものサウンドと100種類のプリセット音源が搭載されているので、一生使えるマルチエフェクターになっています。人気機種ですので、買い替える際にも買取査定してもらえる可能性が高い点も見逃せません。

チェックポイント
  • 使用エフェクトもプリセットもZOOMのマルチエフェクター の中での上位機種らしく豊富である点
  • 世界のトップギタリストが提供する即戦力プリセット
  • 人気機種であるため、買い替えの際も買取査定してもらえる可能性が高い点

7位:ZOOM(ズーム)MS-50G

「どんなカードにもなるジョーカー的マルチエフェクター」をコンセプトに作られた本機が「ZOOM MS-50G」です。
見た目はコンパクトエフェクターなのですが、100種類のエフェクトから最大6種類を組み合わせて使うことができます。歪み系もコンプ系も、モジュレーション系、ディレイ系もあるので、これ一台で音色作りに困ることはないでしょう。30種類のプリセットも内蔵していますので、小柄な機種ながら痒いところにも手が届いています。クロマチックチューナーも搭載されているので、チューナーを買うくらいならもう少し予算を出してZOOM MS-50Gを買う方が賢い選択かなと思いますよ。

チェックポイント
  • マルチエフェクターなのにコンパクトエフェクターのようなコンパクトさ
  • 様々な種類のエフェクトが搭載されているので自分の好みの音色を掌サイズで作れる点
  • 単3アルカリ電池2本で連続7時間駆動できる点

8位:MOOER(ムーアー)GE150

151種類のエフェクトを搭載し200ものプリセットも同機に収録することに成功した「MOOER GE150」。最大80秒もの時間レコーディングすることもできます。さらに、40種類のリズムパターンや10タイプのメトロノーム機能まで搭載しているので、初心者ギターリストでも、家での個人練習を快適に行えますよ。スマートフォンに直接レコーディングすることもでき、バンド練習前に仲間と音色やフレーズの共有もすることができるのが最大の魅力です。高コスパ高スペックなのですが、電池で駆動することができないので、持ち運んで気軽に使いたい方は注意が必要。

チェックポイント
  • 151種類のエフェクト、200ものプリセット音源を搭載している点
  • 40種類のリズムパターンと10タイプのメトロノーム機能で個人練習機に最適
  • スマートフォンに直接レコーディング可能な点

9位:BOSS(ボス)ME-80

ライブ活動を中心にしている初心者の方にオススメしたいのが「BOSS ME-80」です。プリセット数は36種類と少なく、サイズも大きく、お値段もはるBOSS ME-80ですが、性能の方に目を向けますと、よりライブ向きであると言えます。8種類のエフェクトをペダルスイッチで簡単に操作することができるので、ライブ演奏に重宝。ヴィンテージアンプの音質を再現することに挑戦しているマルチエフェクターである点も見逃せません。BOSSが誇るコンパクトエフェクターの名機OD-1やDS-1にさらに最先端技術をミックスした音色作りに成功。音重視の実践向けマルチエフェクターと言えます。弾いたコードを持続させるフレーズ機能もライブでの演出に効果的です。

チェックポイント
  • ライブ活動中心の初心者の方にオススメできる圧巻のライブパフォーマンス機能満載
  • ヴィンテージアンプやBOSSの歴代の名機をさらにブラッシュアップした音色を導入
  • コード音を持続させられるフリーズ機能で一人バンド活動にも使用できる

10位:ZOOM(ズーム)G1X FOUR

コンパクトサイズで持ち運び便利、単3アルカリ電池4本で18時間の駆動ができる「ZOOM G1X FOUR」。初心者学生ギターリストに強くオススメしたいマルチエフェクターです。1万円前後の予算で、長時間乾電池で駆動できるマルチエフェクターはあまりありません。13種類のアンプキャビネットモデルや60種類以上のギターエフェクトを搭載。ボリュームやピッチ、ワウなどもリアルタイムで変更できるエクスプレッションペダルも完備しています。チューナー機能にも対応し、68種類ものリズムパターンも本機で再現できるので、バンド練習の際、バンドメンバーからも重宝されますよ。

チェックポイント
  • 連続18時間乾電池で駆動できる点
  • 1万円前後のマルチエフェクターの中でも屈指の搭載機能の豊富さ
  • コンパクトで持ち運び便利な点

まとめ

マルチエフェクターというとついついプリセットの数や搭載エフェクター数で購入しがち。
ですが、マルチエフェクターを個人練習で使用したいのか、バンド練習で使用したいのか、はたまたライブでも使用したいのかなど、用途によって選ぶと一生もののマルチエフェクターと出会えますよ。
本ランキングをご参考にしていただいて、是非とも一生もののマルチエフェクターと出会ってもらえたら嬉しいです。