ハードオフは掘り出し物のギターが見つかると評判です。一方、ハードオフのギターは安いけど質も低いという口コミがあります。ここでは、ハードオフのギターの質やジャンク品のメリット、中古ギターに対する保証などをご紹介します。

ギターを売るのも買うのもハードオフ

ハードオフはギターの販売と買取のどちらにも力を入れています。

 

ハードオフへギター買取を依頼する人の人数が多いため、必然的にハードオフの中古ギターの在庫はたくさんあります。ギタリストやギター愛好家の中にはハードオフ巡りを趣味にする人もいるほどです。

 

ギターに飽きた人や引越しの時の処分、あるいは新しいギターを買うためのお金作りのためにハードオフへ買取を依頼する人は少なくありません。ハードオフのギター・楽器買取やその他に売れるもの一覧は別ページにまとめましたのでぜひご覧ください。

関連ページ:ハードオフのギター買取の評判を徹底解説!高価買取が難しい理由・ジャンク品の処分

処分寸前のギターも並ぶハードオフ

ギターをゴミで処分するのが面倒だからという理由でハードオフに買取を依頼する人もいます。実際に壊れたギターを分解して燃えるゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミに出すのは意外と手間です。粗大ゴミにして処分する場合は自治体にお金を払う必要があるので、代わりにギターを無料引き取りしてもらう感覚でハードオフへ売りに来ている人も少なくありません。

 

ハードオフで販売している中古ギターは、ハードオフの買取規定に則って店員が査定・買取・価格をつけたものです。楽器の専門スタッフが買取しているわけではないので品質が安定していません。ネックのトラスロッドが調整できないほどだったりネックやボディがひび割れていたりします。

 

一方、掘り出し物のギターが見つかる可能性があるのもハードオフの魅力です。外観は傷や汚れがひどい中古ギターでも修理・メンテナンスすると活躍することもあります。動作不良のジャンク品を除きギターの美観が買取価格の基準だからです。

 

ハードオフでは店頭に置く前に調整しないので初心者が買うのはハイリスクと言えます。ただし、楽器の目利きや調整ができる人が買うのはおすすめです。

関連ページ:ギターを処分する3つの方法!粗大ゴミで廃棄・不用品回収・リユース(無料で寄付・譲る)

ハードオフでジャンクギターを買うメリット

ハードオフでジャンクギターを買いたい人は多いと思います。ジャンクギターを自分で改造したい人、部品取りのために生きているパーツを探す、あるいはインテリアにギターを飾りたい人にはおすすめです。

自分の好きなギターに改造する

ハードオフで安くギターを買ったあと、調整だけでなく改造する人もいます。ギターのボディだけを残し、ナット、ペグ、ブリッジ、ピックアップ、ボリューム・トーンコントロール、ネックジョイントプレートなどを交換するのです。

 

ハードオフの安いギターを改造するメリットは、自分好みのギターにカスタマイズできることでしょう。フェンダーやギブソンの新品ギターをパーツ交換するのは気が引けますが、ハードオフで販売する中古ギターなら万が一壊れても仕方ないと思えます。だから、安く買ったギターをDIYする感覚で改造できるのが魅力です。

 

特にエレキギターの場合、音色や弾きやすさを決めるポイントは木材の質だけではありません。電気配線やピックアップ、金属パーツが音色を大きく左右します。自分好みのギターを作るためにジャンクギターを買うのはありです。

 

ギターのパーツ取りはハードオフの醍醐味の一つと言えます。たとえば、GOTOHのギターペグやシャーラ―の糸巻きなどのギターのパーツも買取しているためギターのパーツが欲しい人からするとハードオフは宝の山のようなお店です。ギター改造に興味がある人は楽しく過ごせるでしょう。

パーツ取りやインテリア用だからジャンクギターも販売

ハードオフのジャンクギターを買う人がいる理由はDIYギターづくりだけではありません。他のギターを修理するための部品取りやインテリア用に購入する人もいます。また、ギターアンプを通さないためピックアップや電気配線が壊れていても問題ない人も少なくありません。

 

ハードオフのギター販売時のプライスカードは、「チェック時音出ました」「全く音が出ません」「ノイズがひどいです」「ガリがひどいです」といった内容です。ジャンクギターを買う場合、音が出なかったりガリ・ノイズがひどかったりしても問題ありません。

 

よくあるジャンクギターの状態を見てみましょう。たとえば、ネック折れ・音が出ない・ネックが反れているなどのギターが考えられます。ジャンク品とわかってギターを買取している場合も多いですが、小さなヒビがボディに入っている場合は見逃してしまう可能性もあります。

 

ギターのガリやノイズを修理するのは大変です。自分でメンテナンスや修理するのは難しいので、リペアの腕がない人がギターを修理して演奏するために買うのは控えましょう。

関連ページ:壊れたギターやネック折れも買取可!ジャンク品のギターは処分せずに査定

ハードオフの中古ギターへの保証は?

ハードオフではお客さんに販売した中古品の品質を保証するために返金保証をしています。ギターやアンプ、エフェクターが万が一壊れていた場合に保証できる制度です。

中古ハード商品販売時に中古品保証書(保証期間1ヶ月・3ヵ月・6ヵ月・1年または10日間の返金保証)を発行し、万一故障が生じても無料で修理を行っています。※ジャンク品は保証対象外です。

引用:ハードオフ|お店で買った製品が故障したり、壊れていたりしたら保証はしてくれるの?

ただし、ハードオフではジャンク品に関する返金保証はしていません。中古ギターやジャンク品を購入するときは細心の注意を払ってから購入しましょう。

 

ちなみに、初期不良は10日以内なら返品可能です。ただし、ジャンク品の場合は返品不可が基本なので買うときから意識してください。

関連ページ:保証書があるとギターの買取価格が高くなる理由

ハードオフでのギターの買い方

ハードオフでギターを買うときはレジに持っていくか悩む人もいると思います。でも、壁にかかっているギターやショーケースに収納されているエフェクターを勝手に取るのはいけません。ギターが傷ついたり壊れたりするからです。

 

ちなみに、ハードオフでの賢いギターの買い方は、自分で目利きをしたりジャンク品からパーツ取りをしたりするという目標を決めることです。初心者が何の目的もなく、安いからという理由でギターを買うのは得策ではありません。

ハードオフでのギターの値引き交渉

ハードオフでギターを買うときに値引き交渉を希望する人もいます。直営店とフランチャイズの可能性を分けて考えてみましょう。

 

まず値引き交渉ができる可能性が高いのはフランチャイズ店です。ハードオフのプライスカードを見ると店頭で販売開始したタイミングが表示されています。3ヶ月以上経過しているギターやエフェクター、アンプは、値引き交渉がしやすいです。お店に在庫が残っている期間が長ければ長いほど交渉がしやすくなります。

 

特に、ハードオフの値引き交渉で大事なことは人間関係の構築です。最寄りの店舗で店員さんとコミュニケーションを取ると交渉しやすくなります。

 

とはいえ、基本的にハードオフは値引き交渉に応じることを前提としたお店ではありません。ギターを買うときに店員さんにしつこく聞くのはやめましょう。

ケース・弦・ストラップなどのギター小物も売っている

ハードオフは、ギター弦やストラップ、ハードケースやソフトケースなどのギター小物も販売しています。ケースはギターについてくることがありますが、裸のまま買うことになるかもしれません。

 

また、ピックやシールド、指板の滑りをよくするフィンガーイースを売っているお店もあります。ハードオフの店長・店員の好みやお店の商圏がある地域の規模に左右されるため、この点に留意しておくとよいでしょう。

最寄りのハードオフへギターを見に行こう

ハードオフはギターの目利きに自信がある人やDIYでギター工作をしたい人におすすめのお店です。ハードオフの公式サイトから最寄りの店舗を検索できます。ギターを買いたい人はぜひハードオフへ足を運んでみましょう。

⇒⇒お近くのハードオフを検索する