ギターケースやペグ、シールド、弦にカポタストなど、ギターのパーツは売れるのかを疑問に感じる人もいると思います。実は、ほとんどのギターのパーツの買取は可能です。ギターのパーツを売るためのポイントをまとめました。

目次

ギターのパーツは買取できる

基本的にはギターのパーツは買取価格も期待できません。ただし、ギター本体と一緒に売ったりまとめ売りで小物を大量に売るなどしたりすると高価買取になることがあります。パーツもセットでまとめ売りするなら高値のギター宅配買取ができるおすすめ店ランキングを参考にしてください。

買取を希望する人が多いギターのパーツ

みなさんがギターと一緒に買取を希望するパーツを見てみましょう。

  • ペグ
  • 弦(エレキギター・アコースティックギター・スチール)
  • ケース(ハードケース・ソフトケース・ギグバック)
  • シールドケーブル
  • チューナー
  • カポタスト
  • ストラップ
  • ピックアップ
  • 保証書

これらはすべて楽器屋さんやリサイクルショップで買取可能です。特に、ピックアップは楽器屋さんが買取価格アップキャンペーンを開くほど買取では定番のパーツです。多くのギタリストが自分の理想的なサウンドを追求するために改造してギターに搭載したことがあると思います。セイモアダンカンやEMGなどギターのピックアップの買取価格相場は別のページでお伝えします。

ギターのパーツ買取の需要

ギターのパーツが単体でも買取できる理由はパーツ単体を欲している人が多いからです。ギターを改造したりDIYで作ったりしたいというニーズは少なくありません。

 

たとえばギターのパーツ購入を目的に足しげくハードオフへ通う人もいます。たとえばハードオフのネットモールではGOTOHやシャーラ―のペグが売っていますが、過去にすでにペグを売った人がいるということです。ギターのパーツを売ることで次の人のギターの改造に貢献できるなら十分売る意味はあると言えます。

ギターのペグの買取

ギターペグ

ギターのペグを売りたい人もいます。特に多いのが純正ギターから改造してサウンドや演奏のしやすさを向上させたパターンです。そんな人のためにギターのペグの買取相場をまとめました。

エレキギター用の人気のペグはGOTOH

エレキギターのペグの中でも人気が高いのはGOTOHです。ギターペグはチューニングに影響を与えるだけでなく、ギターの弦の振動を伝えるパーツでもあり、GOTOHはチューニングの精度が高くて音もよいと評判です。

GOTOHのギターペグの買取価格

GOTOHのペグの種類 買取価格の相場
GOTOH SGV510Z-MG-L5/CR/L3+R3 4,000円
GOTOH SD90MG-SL/Ni/L3+R3 2,000円
GOTOH SD91-05M/Ni/L6 2,000円
GOTOH SG301-01/CR/L3+R3 2,000円
GOTOH SG381MG-T-07/CR/L6 3,000円
GOTOH SG381MG-T-20/GG/L3+R3 4,000円
GOTOH SD90-SL/GG/L3+R3 2,000円

通常のペグは亜鉛を中心にした素材で作りますが、クローム(チタン)製のギターペグもあります。ギター弦の振動に対するロスが少ないため倍音の鳴りがよく、ギターの改造を考える人が購入する可能性が高いです。だから、GOTOHのクローム製ギターペグは高額買取が期待できます。

 

一般的なペグは、安価という理由からニッケル(亜鉛合金)を使うことが多いです。クローム製のペグと比べると重量が重たいためヘッド側の共振が少なくなります。そのため、クローム製のペグと比べるとサスティーンが長いものの倍音成分が短めです。

 

素材が高級ということもありますが倍音成分の豊富なギターのほうが好まれることも多く、クローム製のペグのほうが買取価格は高くなります。

クラシックギター用の人気の糸巻き(ペグ)の買取相場

クラシックギターはエレキギター以上に糸巻き(ペグ)が重要です。エレキギターの10倍以上の価格で買取できる糸巻きもあります。

ロジャース(RODGERS)社の糸巻き(ペグ)の買取価格

クラシックギターの中で人気が高い糸巻き(ペグ)はイギリス・ロジャース社のものです。新品購入価格が15万円を超える糸巻きがあり買取価格も50,000円以上になることが珍しくありません。クラシックギターの音色は糸巻きによって大きく変わるため、一度購入しても満足できずに何度も改造を繰り返す人もいます。そのたびにクラシックギターは同じでも糸巻きだけが増えていくということです。

 

チューニングの精度だけでなく、糸巻きがクラシックギターの音色や装飾性を左右します。装飾性の面でも高い名声を浴びているようにロジャース社の糸巻きは最上級のレベルです。もし余ったパーツがあるなら買取に出すとよいでしょう。ニーズも多いパーツなので高価買取が期待できます。

関連ページ:【相場】クラシックギターの買取価格がわかる査定表

シェラー(SCHELLER)社の糸巻き(ペグ)の買取価格

シェラーの糸巻き(ペグ)はドイツ製です。新品購入価格は11万円前後が相場なので買取価格は30,000円前後と見ておくとよいでしょう。

 

ロジャース社に勝るとも劣らないチューニングの精度が特徴です。また、糸巻きの耐久性や堅牢さはロジャース社よりも優れているという意見もあります。

 

クラシックギター奏者の佐藤純一氏はロジャースよりもシェラーにはまっていると発言していました。糸巻きは音色も左右するため好みによってペグを交換するのも不思議なことではありません。もしシェラー社の糸巻きが余っているなら買取を依頼するのがおすすめです。

参考サイト:ギタリスト佐藤純一のすべてはつながっている|糸巻き

ハードケース・ギグバック・ソフトケースの買取

フェンダーのギター用のハードケース(開封時)

ギターのケースは意外と高額買取が期待できる付属品です。純正品ではギターのブランドの公式ハードケースだったり、シグネチャーモデルなら特注のケースが用意されていたりすることもあります。ケースの買取事情について見てみましょう。

ハードケースのみでも買取できる

ギターケースのみ買取できる楽器屋さんは多いです。特に、ハードケースは販売価格が高額なので買取価格も期待できます。ギグバッグも耐久性が高くて実用的なので市場での人気は高いです。買取するときに値段がつくと考えておきましょう。

 

ただし、ソフトケースは買取価格が安くなるか楽器屋さんが無料で引き取りすることが少なくありません。捨てるよりは引き取ってもらったほうがラクだと考えてギターやエフェクターと一緒に売るとよいでしょう。

 

フェンダージャパンのようなメジャーブランドでも付属品のソフトケースはペラペラなことが少なくありません。新品で購入したら最低限ソフトケースは付属品になるため持っている人が多いからです。さらに、ソフトケースはクッションが不十分なのでギターに傷がついたり壊れたりすることもあります。わざわざソフトケースを買いたいという人が少ないので買取価格はつきにくいのです。

関連ページ:ギターを処分する3つの方法!粗大ゴミで廃棄・不用品回収・リユース(無料で寄付・譲る)

メジャーブランドの付属品のハードケースはギター高価買取の条件

フェンダーUSAやギブソンは純正ハードケースがあります。新品で購入するとハードケースが付いてくるので保管している方も多いです。

 

高価なギターほどケースが付属品になっていてギターケースの有無が買取価格に影響を与えることも少なくありません。たとえば、スティービー・レイ・ヴォーンのシグネチャーモデルのストラトキャスターは、彼のハードケースと同じものを特注で作って販売していました。世界に100台しかないハードケースというだけで貴重度が高いですがデザインもシグネチャーモデルの特製です。もしケースがない場合は買取価格が安くなると考えられます。

 

楽器屋さんやリサイクルショップもハードケース付きを前提に相場を算出しています。実際にギターの買取価格査定表を見てみましょう。ハードケースがセットになっていることが査定表に記載されていることも珍しくありません。買取価格を上げるためにもハードケースを一緒に用意して売るようにしましょう。

ハードオフはハードケース入りがギター買取の条件

ハードケースに入っていないとギターの買取価格が下がるどころか買取不可になってしまうこともあります。たとえば、リサイクルショップのハードオフがハードケース入りを条件にしています。

 

ハードオフにギター買取を依頼するときはギターの製造から5年以内が条件になっています。5年以内に2回も3回も買取されることは珍しいので、おそらくハードケースは紛失していないだろうと考えるのが自然です。ハードケースは新品のギターを購入したことの証明だと言えます。

 

また、ハードケースはギターの傷や凹みを守る役割もあります。ハードオフにギターを売るときはハードケースにしまってから持って行きましょう。

宅配買取もハードケースのほうが梱包が簡単

ギターの宅配買取を依頼するときはハードケースならギターを緩衝材(プチプチ)で梱包するだけで配送できます。

 

ソフトケースやギグバックの場合、ギターをソフトケースにしまってダンボールに入れて緩衝材をクッションに詰めるやり方になります。ダンボールにしまうのは非常に手間なので梱包したくないものですが、ソフトケースだと場合は運送会社が配送を受け取ってくれません。だから、宅配買取をするときはギターの梱包の手間も考えるとハードケースのほうが簡単です。

 

もっとも、ハードケースなら配送時も安心というわけではありません。万が一のことを考えたらギターの宅配買取はハードケースにしまってダンボールと緩衝材で梱包することをおすすめします。

ギターケースの買取価格アップキャンペーン

楽器屋さんやリサイクルショップによってはギターケースの買取価格をアップしていることもあります。特に人気ブランドのギターケースは高価買取される可能性があります。

 

たとえば、イシバシ楽器はギターケースの買取アップキャンペーンを実施していました。フェンダー・ギブソンといったエレキギターのブランド、アコースティックギターのブランド・マーチンのギターケースは最大4,000円で買取されるというキャンペーン内容です。

 

ギターケースを処分しようと考えている人もいますが実は一定の買取価格がつくことも少なくありません。どうせ売れないだろうと諦めずに楽器屋さんで買取を依頼することをおすすめします。

ギター弦(ベース弦)の買取

ギター弦(ベース弦)の買取を希望する人も多いと思います。たとえば、ダダリオやアーニーボールの弦を大量に購入してもギターに飽きてしまったら使う機会がないので売るのがよいでしょう。ギター弦のような周辺アイテムを買取する楽器屋さんも多いです。

ギター弦の買取条件

ギター弦の場合は未開封の新品であることが買取の条件となります。6弦または7弦セットになっている状態で買取を依頼しましょう。

 

エレキギター・アコースティックギター、あるいはクラシックギター用の弦もありますが、ギター弦の買取ができる楽器屋さんはたいていギター弦の買取が可能です。新品状態で見積もり依頼をしましょう。

 

もし、弦が切れたギターの買取にお悩みの方は別のページをご参照ください。弦なしのギターを売るときのリスクを詳しくご紹介します。

高価買取が期待できるギター弦

ギター弦の高価買取を狙うならまとめ売りか高額なギター弦を売るかのどちらかです。エレキギター・アコースティックギター・クラシックギター用の弦の中で買取市場で人気の弦を見てみましょう。なお、基本的には新品未開封で6弦分(または多弦ギター用ならその弦の本数分)がセットになっていることが買取条件です。

買取で人気なエレキギター・アコースティックギターのスチール弦

エレキギター用のギター弦ならダダリオかアーニーボールの買取価格もまとめて売れば買取価格がつきます。また、ギター弦の中でも買取価格が期待できるブランドはエリクサーです。新品の販売価格が高く耐久性も高いギター弦なので人気があります。

 

アコースティックギター用のギター弦ブランドなら、ヤマハかダダリオが定番です。いずれも一般的に普及しているギター弦なのでギタリストからは人気があります。法人が楽器事業から撤退するときにまとめ売りするということもあるので、100セットほど売れば10,000円程度の買取価格が付くかもしれません。

買取で人気なクラシックギターのナイロン弦

クラシックギター用のナイロン弦や特殊な素材のギター弦も高価買取の可能性があります。ダダリオやサバレス、フェンダーなどからクラシックギター用のナイロン弦が発売されていますが、だいたい買取価格は500円も行けばよいほうです。

 

LA BELLA (ラベラ)のAPは新品価格が1セットの弦で6,000円と非常に高額です。ピュアシルバーの素材なので普段は見かけることがないかもしれませんが未開封の状態なら1,500円程度の買値が付くと考えられます。

 

クラシックギターは全体的に高額なので弦も高価ですが、それに見合った買取価格になります。クラシックギターを売るときに一緒に買取を依頼するとよいでしょう。ちなみに、クラシックギターの買取価格の相場は詳細にまとめたページがあるのでそちらをご覧ください。

ギターのシールドケーブルの買取

ギターを演奏するときに使うシールドも買取の対象になることは少なくありません。ブランドによっては高額買取になる可能性もあります。

モンスターケーブルやベルデンのシールドは高価買取

シールドケーブルは1本だとそこまで買取価格も高くなりません。ただし、人気ブランドのシールドをまとめて売るなら高価買取になります。

 

特に、ギターのシールドの中でも人気が高いのはモンスターケーブルやベルデン、プロビデンスと言ったブランドです。モンスターケーブルを数本まとめて買取依頼する場合、意外な高値になることも珍しくありません。シールド1本あたり500円程度ですが、10本20本とまとめて売ると10,000円を超えることもあります。一方、カナレのような安価なブランドだと1本あたり100円未満か、無料引き取りになることも考えられます。

 

ちなみに、シールドを売るときは定期的に通電したうえで接点復活剤を使ってメンテナンスしましょう。どんな高級ブランドのシールドケーブルでも

シールドケーブルのまとめ売りなら出張買取

シールドケーブルは重量があるので店頭持ち込みは意外と大変です。自宅から持ち運ぶだけでも一苦労です。

 

もし他にギターやギターアンプ、エフェクターなどがあるなら、ギターと一緒に出張買取を依頼するのがよいでしょう。ライブハウスやレコーディングスタジオでは大量にシールドを用意していたかもしれません。また、個人でもホームスタジオを作っていた場合は自宅にたくさんのシールドがあります。

 

まとめて売ると意外と高額になるので、大量買取や法人買取をご希望の際はギターや楽器を出張買取で売りましょう。シールドと一緒にたくさんの楽器を買取してもらえます。電話1本で自宅へ訪問査定してくれるのでまずは気軽に連絡してみてください。

ギター用チューナーの買取

ギター用のチューナーは大きく分けて4種類(カード型、クリップ、ペダル、ラックマウント)あります。

 

特に買取金額が高いのは、ペダルチューナーやラックマウントチューナーです。ペダルチューナーはエフェクターのように接続できるため、実用性が高く人気があります。たとえば、BOSSのTU-3やKORG DT-10はチューナーの中では高額買取が期待できる機種です。

 

ラックマウントチューナーはプロ仕様のチューナーのため買取価格が高くなります。視認性もよくチューニングの感度も精密な点が人気の理由です。

 

ただし、近年はラックマウントチューナーブームが下火になっているため、早めに売るのがよいでしょう。

カポタスト・ストラップなどのギター小物の買取

カポタスト、ストラップなどの楽器小物も、買取可能な楽器屋さんは少なくありません。

 

カポタストはエレキ用・アコギ用ともに買取できるお店が多いです。金属製のカポタストだと汚れが目立つのできれいにクリーニングしておくとよいでしょう。バネが壊れていないことを確認してから売るようにしてください。

 

フェンダーが発売している純正のギターストラップは人気が高いです。新品でも2,000円程度で購入できますが、中古で少しでも安く買いたいという人もいます。

 

カポタストやストラップは買取を依頼するときに高額を期待するのは難しいです。ただし、処分するよりはマシな可能性が高いので買取に出すのがよいでしょう。

ギターの買取価格に保証書が与える影響

楽器屋さんの保証書があるとギターの買取価格が高くなります。その理由は、楽器屋さんでギターを購入した証明になるからです。

 

保証期間が過ぎた保証書でも買取価格に好影響を与えるため、ギターの価格を高くしたいと思うなら準備しておきましょう。特にヴィンテージギターの場合は保証書で本物であることを証明できると高額買取が期待できます。

ギター購入時の保証書の役割

ギターの保証書の本来の目的は、購入から一定期間までギターが壊れたら修理してもらうことです。ギターのブランドによっては保証書だけでなく、ユーザー登録カードを発行するケースもあります。なお、無償修理には条件があります。

ギターの保証書は購入日と購入した楽器屋さんの名前が記載されています。保証期間内の場合は新品に近いため、それだけで状態がよいギターであると考えられます。つまり、保証書そのものより店舗印や購入日が買取額に影響しやすいのです。

 

高価なクラシックギターはヴィンテージギターも楽器屋さんの保証書があると信頼度が上がります。高額商品なので楽器屋さんも慎重に査定しますが、保証書があると査定がスムーズです。

保証書の有無が影響しない楽器屋さんもある

基本的に保証書の有無はすべての楽器店で買取価格に影響するわけではありません。ギター買取時に多少価格アップする事例があるとお伝えしましたが、保証書がないからと言って大幅に値下がりすることはないと考えてよいでしょう。

 

ギターの保証書は購入した本人だけが利用できるものなので、一度買取に出した瞬間に効力をなくしてしまいます。もし楽器屋さんやリサイクルショップに売るときに保証書がないことを理由に買取価格を下げられそうになったら交渉するか他の楽器屋さんへ売るようにしてください。

本(教則本・バンドスコア・雑誌)

教則本やバンドスコア・楽譜、あるいはヤングギターやギターマガジンといった雑誌など、ギター関連の本の買取を依頼したい人もいると思います。これらは楽器屋さんでの需要は少ないため、できるだけ古本屋さんにまとめて売りましょう。

 

多くの古本屋さんはギター関連の本の買取が可能です。たとえば、教則本・楽譜・バンドスコア専門で買取するリミュージックポストや通販での古本買取が得意な駿河屋などに売るとよいでしょう。

 

また、ブックオフとハードオフが併設されている場合、ギターをハードオフで売ってからブックオフに行くのもよいかもしれません。教則本やバンドスコア、楽譜など、さまざまなタイプの書籍を買取できます。

参考ページ:リミュージックポスト駿河屋

ギター音楽のレコード

邦楽・洋楽やジャンルを問わず、演奏にギターが入っている音楽のレコードをコレクションしていた人もいると思います。

 

EP・LPなどの中古レコードは盤面のサイズやジャケットデザインが魅力で愛好家も少なくありません。アナログレコードから出る音色が好きで集めているコレクターも多いです。

 

ジャズやロックの名盤はもちろん、フリッパーズ・ギターのようなギターポップ・ネオアコ系の邦楽ユニットのレコードも人気があります。高額買取ができるレコードはギター音楽専門のレコードショップなどをご参照ください。

参考:ギターレコード

ギターのパーツもまとめて買取を依頼しよう

ギターの各種パーツや小物類は買取できる旨をお伝えしました。ペグやシールド、弦、各種小物類が買取できることもご理解いただけたと思います。また、ギターのケースは買取価格に影響する可能性があったりギターのピックアップは買取相場が形成されていたりと、ギター買取の市場の広さがわかります。お部屋もきれいに片付くのでギターを売るときは一緒にギターのパーツや小物類も売ってください。