プロも悩むエフェクター選び


アンプとエレキギターだけでは音として物足りない
自分の好きなアーティストの音と違う
と思うことはありませんか?
アンプとエレキギターだけでは、表現しきれない音色もあります。今のJポップや洋楽のプロのアーティストの方々は、エフェクターに大変こだわって音を作り、唯一無二の個性とパフォーマンスを実現しているのが現実です。
エフェクターを使うことで、音を歪ませ、エレキギターの音色や表現を広げることができ、楽しさも倍増します。自分好みの個性ある音を探していくことも、エレキギターの楽しさの1つです。
「どんなエフェクターがあるのか」、「どうやって選べば良いのか」。
初心者の頃は、私も全く分からなかったです。種類が多すぎて迷いました。今回はそんなエレキギター初心者の方でも買いやすい
価格1万円前後
扱いやすい
入手しやすい
という点から、最初の1台としておすすめできるオーバードライブタイプのエフェクターについて、ランキング形式でご紹介していきます。

「歪み」とは?

ギターにおける「歪み(読み方:ひずみ)」とは、波の形をした音を加工することで、音色を変えていくことをいいます。
音は波の形をしています。綺麗な波の形が、歪み系のエフェクターをつけていないクリーンの状態の音だとイメージしてください。
歪み系のエフェクターを使うことで、大きく2つのことができるようになります。
綺麗な音の波を上下に広げることで音量を上げることができるのが1つ目の役割。2つ目の役割には、綺麗な音の波をある位置で人工的に切り取ることで、平面や凹凸面を作り、音色を潰していくことができます。この時の潰れた音を、歪みとして、人間の耳は感じます。

エフェクターにおける「歪み」の種類と違い

エフェクターにおける「歪み」の種類には多く分けて、ファズディストーションOD(オーバドライブ)の3つに分けて考えるのが一般的です。
3つの違いは、音の歪みが大きい方から、ファズ、ディストーション、ODと呼ぶことが多いです。ですが、最近は、ファズとディストーション、ODのうち2つや全ての要素を備えたエフェクターもあったり、区別しないことも多かったり。さらに一人一人の主観によって区別されていることも多く、人それぞれ違うイメージがあるのが現状です。
私個人の主観ですが、

ファズは「ブリブリ」「ブチブチ」「バリバリ」とした破壊的な音。

ディストーションは「歪み」を英訳した言葉なので、自分自身の中で「歪み」と言われればコレ!と決めています。

ODは日本語で「酷使」という意味で、歴史的に一番古いエフェクターのタイプであり、1950年代に真空管アンプのゲインや出力を上げて「酷使」した時に出る「自然な甘い音」と思うことにしています。

自分がこの音はODだ!ファズだ!ディストーションだ!って言い切ってしまえば、それでオッケーという主観の世界でもあります。

以上の点を踏まえまして、次の項目で、初心者の方におすすめのオーバードライブタイプのエフェクターをランキング形式でご紹介していきます。

おすすめのオーバードライブ エフェクター ランキング

1位:Surfing Bear Overdrive

Animal Pedal社から出ているコンパクトエフェクター「Surfing Bear Overdrive」。1万円以下で買えるオーバードライブ系エフェクターの中で一番初心者の方におすすめしたい品です。
「Surfing Bear Overdrive」をはじめて使った時に、oasisの「Supersonic」のイントロのギターサウンドに近い音だと思いました。Jポップだけでなく洋楽派も満足できるエフェクターです。
甘い音色も歪みも、見た目の可愛さもコスパも!という欲張りなギターリストも大満足できるエフェクターで、最初の1台として強くおすすめいたします。

チェックポイント
  • オーバドライブ系の甘い音色でこれぞ歪み!という音が出せる点
  • 熊のイラストも可愛い
  • amazonにて1万円以下で買えるコンパクトエフェクターの中でコスパ最高

2位:BOSS(ボス) Blues Driver BD-2

最初に私が買ったオーバードライブ系エフェクターが、「BOSS Blues Driver BD-2」です。定番エフェクターブランドBOSS社のラインナップの中でも、大変人気があるODエフェクターです。
渋く甘い音が作れるエフェクターで、どんなギターにも相性抜群です。ギブソンのES335とリッケンバッカー360という個性的なギターで使用していますが、ロックサウンド作りで困ることがないほど、満足度が高いエフェクターです。
BUMP OF CHICKENやサカナクションといった有名バンドで使用された実績もあります。BUMP OF CHICKENの「カルマ」のギターサウンド全般やサカナクションの「アルクアラウンド」の最後のギターソロの音をイメージしてください。
超定番商品ですので、万が一音に飽きてしまった場合でも、そこそこ良いお値段で中古買取してもらえる点も最初の1台としておすすめできる点です。

チェックポイント
  • 超定番コンパクトエフェクターなので、使い方が分からなくてもググれば出てくる点
  • どんなギターとも相性抜群である万能性
  • どこの楽器屋にも必ず置いてある人気商品!

3位:BOSS(ボス) Super Over Drive SD-1

BOSS社の定番中の定番エフェクター が「BOSS Super Over Drive SD-1」です。
クリーンなトーンの音に少し歪みを味付けしたいときや、バラード系のしっとりとした音色作り、ギラギラした感じの音を作りたいとき、レスポールギターの太い良音を前面に押し出したいときなど、さまざまなシチュエーションで使えます
オーバードライブのエフェクターとしてだけでなく、ブースター(アンプやエフェクターで作った音や歪みをさらに増幅する機械)としても利用している方が多い印象。
2019年の紅白に出演して話題となったKISSの「Rock & Roll All Nite」のギター音をイメージさせる音色のエフェクターです。
また「BOSS Super Over Drive SD-1」も定番中の定番エフェクターですので、中古で売られていることも多いです。中古ですと、さらにお安く買えますので、エフェクター初心者の方でも金銭的負担が少なくエフェクターを楽しめますよ。

チェックポイント
  • BOSS社の定番人気製品が6000円以下で買えてコスパも良い点
  • オーバードライブのエフェクターとしてだけでなく、ブースターとしての利用も可能な点
  • レスポールギターと相性抜群な点

4位:Ibanez Tube Screamer TS9

Ibanez社の代表的エフェクターである「Ibanez Tube Screamer TS9」。メロン色の可愛い外観もさることながら、音色の方は渋いブルースサウンドだけでなく、ゴリゴリのロックな音まで作れる表現力あるオーバードライブ系エフェクターです。
愛用していたアーティストも多く、RADWIMPSの野田洋次郎ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文も使用していた実績があるコンパクトエフェクターです。
音作りも難しくなく、初心者にも扱いやすいエフェクターになっております。初めて使用した時に、ゴリゴリでギラギラした歪みを得られて、何時間も気持ちよく弾けたのが良い思い出です。ゴリゴリなロックサウンドを楽しみたい初心者の方に強くおすすめします。

チェックポイント
  • 渋いブルースもゴリゴリロックサウンドにも使える汎用性
  • 有名アーティストも使用している実績あるコンパクトエフェクターである点
  • 音作りが簡単で、オーバードライブタイプのエフェクター初心者にも扱いやすい点

5位:PROCO RAT2

PROCO社の代表的なエフェクターといえば、「RAT2」。「RAT2」もオーバードライブとしてだけでなく、ディストーションとしても使用可。さらに、ファズの音として使われることもあるくらい用途が広いコンパクトエフェクターです。1台3役をこなせることから、メタルやロック系のサウンドを奏でたい初心者の方に強くおすすめできる一品です。
逆に、バラード系やしっとりした曲にはあまり向かないエフェクターなので、自分の好きな曲やジャンルによっては、他のエフェクターをおすすめします。
Dir en greyの「Ash」のようなビジュアル系メタルの音をイメージしてもらえると良いです。RAT2を使って速弾きするときと最高にテンション上がります!

チェックポイント
  • セッティング次第でオーバードライブだけでなく、ディストーションやファズとしても使用できる点
  • メタル系やロック系が好きな人には最高の機材になる点
  • バラード系やしっとり系には向かないので注意

6位:Rowin オーバードライブ LEF-602B

Rowin社のコンパクトエフェクターといえば、「オーバードライブ LEF-602B」。音も重厚で、ギターの歪みを思う存分味わえるエフェクターになっています。フェンダーのギターでも分厚い音が欲しい時に重宝しました。
小型で持ち運びも楽なのですが、電池ではなくアダプターで駆動するタイプのエフェクターなので、購入の際はアダプターもセットで買うようにしてください。エフェクター には電池タイプとアダプタータイプがあるので、購入時には気をつけるようにしましょう。アダプター使用の方がエフェクターの音色変化効果が一定します。
歪みを弱めて使うとMaroon5の「Misery」のような音、強めて使うとofficial髭男dismの「115万キロのフィルム」のギター音に似てくると思います。

チェックポイント
  • 分厚い音に強いコンパクトエフェクター
  • アダプター使用必須で安定した音質が得られる点
  • 小型で持ち運びが楽なオーバードライブエフェクター

7位:ELECTRO-HARMONIX EAST RIVER DRIVE

Electro Harmonix社のオーバードライブエフェクターの「EAST RIVER DRIVE」。アメリカニューヨークの街をイメージしたエフェクターデザインと図太く歪む音色が特徴です。レスポールやストラトなど、ギターの種類を問わず、ギターとアンプの良さをそのまま引き出せるオーバードライブ系エフェクターです。
Nirvanaの「Come As You Are」のような洋楽感あふれる音色が欲しいエレキギター初心者の方にとても合うコンパクトエフェクターだと思います。
洋楽ロックをカバーしたいときの音作りに使うことが多いです。

チェックポイント
  • ギターやアンプ本来のセッティングが活かせるエフェクター
  • ニューヨークの街並みをイメージしたカッコいいデザイン
  • 洋楽ロックのカバーには特に威力を発揮する点

8位:One Control(ワンコントロール)Strawberry Red Over Drive

One Control社のワインレッドのボディが超クールなオーバードライブタイプエフェクターが「Strawberry Red Over Drive」です。コンパクトな見た目に反して、作る音の歪みは格別。基本セッティングでバリバリロックサウンドが作れるので、初心者の方も買ったその日にロックサウンドを出すことができます
ボディーが細身なのに電池で使用できるところも、コンパクトにエフェクターを持ち歩いてギタープレイしたいギターリストには大変おすすめです。
音のイメージとしては、松本孝弘の「SACRED FIELD」のギター音色をイメージしてもらえると良いかと思います。

チェックポイント
  • ワインレッドの見た目が超クール。
  • 基本セッティングでもバリバリのロックサウンドになる扱いやすさ
  • コンパクトなのに電池が使える利便性

9位:Behringer OD300

Behringer社の「Behringer OD300」の魅力はなんといっても安さ。4000円以下で、オーバードライブのコンパクトエフェクターが買えちゃうんです。しかも1台でオーバードライブもディストーションも兼ねているという最高のコストパフォーマンス。それでいて音が細いわけでもなく、きちんと歪んでくれるというすごいエフェクター 。
「OD系のエフェクター多すぎて分からない」という初心者の方も、とりあえずこれを1台買って、使い倒して、好きな音色を探すのもありかと。気に入った音色に近いワンランク上のエフェクターを探す前に使うのがおすすめの使い方です。
音色はサンボマスターの「歌声よおこれ」のギターサウンドに似ています。

チェックポイント
  • とにかく安い!
  • オーバードライブもディストーションも備えたコスパ最高のエフェクター
  • エフェクター自体の入門機としておすすめ

10位:TC ELECTRONIC(ティーシーエレクトロニック)EL MOCAMBO OVERDRIVE

Tc Electronic社のエフェクター。価格も6000円以内で買いやすいお値段。音色の方はギラギラとした歪み方が特徴です。若干太い音に欠けますが、ギラギラした歪みの方が好きな方には強くおすすめしたいコンパクトエフェクターです。
ギター初心者で使っている方も多いエフェクターで、youtubeにセッティング例も多く掲載されています。音作りに迷うことは少ないでしょう。
音色は、RADWIMPSの「おしゃかしゃま」のギター音をイメージしてもらえると良いかと思います。かくいう私もギター初心者の頃、「おしゃかしゃま」をコピーしたときに使ったエフェクターでした。

チェックポイント
  • ギラギラ系のサウンドが安く手に入る点
  • youtubeにセッティング例も多くアップされていて安心して使える点
  • 最初の1台としてコスパ抜群

まとめ

以上、オーバードライブ系エフェクターのおすすめ商品を紹介していきました。実際ギターショップに自分のギターを持っていって、試奏してみるのもおすすめです。読んでくださった方の一生もののエフェクターとの出会いの一助になれていたら嬉しいです。